優子優子

VIO脱毛はとても人気の高い部位ですが、デリケートゾーンだけにどのような格好で施術するのか気になりますよね。
特に粘膜部分に近いIラインの脱毛は、事前に施術時の体勢などを知って心の準備をしておきたいのではないでしょうか。
そこで今回は、Iラインの施術時の格好や体勢、何をするのかについて具体的に紹介していきたいと思います。

Iライン脱毛時の格好とは

デリケートゾーンを脱毛するとき、サロンによって紙ショーツを用意しているところもあれば、紙ショーツが用意されていないところもあります。

経費削減を全面的に出している脱毛ラボでは、紙ショーツが用意されていません。
そのためIライン脱毛するときは、何も履いていないすっぽんぽんの状態です。
しかし紙ショーツを持参してもOKなので、どうしても恥ずかしいという人は紙ショーツを自分で用意しましょう。

ミュゼなどの大手脱毛サロンでは紙ショーツが準備されていることがほとんどなので、履いたままで施術を受けることができます。

Iライン脱毛時の姿勢とは

Iライン脱毛のときは、仰向けで施術を行います。
脚を肩幅に開き、体育座りをするような感じで両脚を立てます。
そして脱毛する側の脚を外側に倒し、スタッフがショーツをずらしながら照射していきます。

脱毛サロンで用意されている紙ショーツはとても面積が狭いです。
はじめて紙ショーツを見た人は驚き、恥ずかしくなる女性が多いですが安心してください。
それが普通ですので、気にせずに履きましょう。
特に紙ショーツのIライン部分は線のように細いので、ずらす必要がないほどです。

Iライン脱毛は何をするの?

Iラインの脱毛だからといって、他の部位と違うような特別なことはありません。
ジェルを塗って、光を照射します。
照射後は、ジェルを拭き取り、冷却します。

はじめてVIO脱毛するときは、どうしても恥ずかしいという気持ちが芽生えますよね。
普段誰にも見せないところを明るい室内で出すわけなので、恥ずかしくない人はいないくらいです。
しかし脱毛サロンのスタッフはVIO脱毛に慣れているので、恥ずかしがる必要はありません。
それが仕事ですので、気にせずに思い切って脱毛してもらいましょう。

【参考】
アンダーヘアのムダ毛処理は、どこまで、どうやってやるのがいいの?

VIO脱毛、ハイジニーナ脱毛にオススメのサロンはここ

脱毛サロンと家庭用脱毛器の効果に違いは?

脱毛サロンの衛生管理ってどうなっているのか

脱毛エステに初めて行くときは、ムダ毛の処理をどの位していけばいいですか?

まとめ

優子優子

Iライン脱毛は、紙ショーツを履いた状態で施術するサロンがほとんどです。
また施術するときは、両脚を立てた状態で照射する側の脚を倒して行います。
はじめて脱毛するときには、サロンスタッフが声掛けをしてくれるので、その通りに動いていれば手早く済ませてくれますよ。

【参考】
【決定版】脱毛サロン選び方、各サロン徹底比較。元サロンスタッフが全身、VIO、顔などの部位ごとに比較とおすすめ。費用、期間、脱毛方法の違いなどを徹底比較