優子優子

以前はジェルを使用する脱毛サロンがほとんどでしたが、最近ではジェルを使用しないサロンも増えてきましたよね。
そもそもジェルは何のために使用しているのでしょうか?
またジェルを塗る、塗らないで脱毛効果の違いはあるのか気になりますよね。
そこで今回、ジェルを使用する目的と、ジェルの有無による脱毛効果への影響について紹介します。

脱毛の時にジェルを使う目的とは

脱毛時にジェルを使用する目的は、火傷を防ぐためです。
IPL脱毛は照射時に一瞬高熱が出るので、その高熱によって肌が火傷するのを防ぐためにジェルを使用しています。
そのため冷蔵庫で冷たくされたジェルを使用するのです。

一方、S.S.C.脱毛では抑毛成分を含むジェルと光の相乗効果によって脱毛していくので、ジェル自体に脱毛効果があります。
青い粒が抑毛カプセルで光を照射することでカプセルが弾け、中から抑毛成分が放出されます。
その成分が毛根に浸透していくことで、脱毛効果を発揮するのです。

ジェルなしとジェルありのサロンの違いとは

脱毛サロンの中には、ジェルを使用しないサロンも増えてきましたよね。
以前はジェルを使用しないと脱毛できないという流れでしたが、今はなぜジェルを使用せずに脱毛できるのでしょうか。

大きな違いは、脱毛機の性能です。
フラッシュ脱毛は照射する時に高熱の光が出るので、そのまま肌に当ててしまうと火傷します。
そのため高熱から肌を守る役割として、冷たいジェルを塗るのです。

しかしジェルを使用しない脱毛機は、すでに脱毛機の中に冷却機能が備わっているため、冷たいジェルを使用する必要がありません。
高熱は使用しているものの、照射ヘッドを自ら冷やす機能があるため、肌は火傷しないという仕組みです。

このように冷却機能が搭載されている脱毛機を使用しているサロンではジェルを使用せずに脱毛することができますが、冷却装置が搭載されていないサロンではジェルを使用して脱毛することになります。

ジェルの有無による脱毛効果への影響

ジェルを使うか、使わないかによって脱毛効果に差が出るということはありません。
脱毛機の性能の違いによるものなので、どちらの脱毛機でも同じように効果を発揮します。

唯一違う点といえば、美肌効果です。
プラセンタエキスなどを配合したジェルを使用しているサロンが多く、ジェルを塗ることで美肌へと導くことができます。

しかしフラッシュ脱毛の光にはフォトフェイシャルの効果もあるので、どちらも美肌効果があると言えます。

【参考】
脱毛サロンを比較する前に知っておくべき5つのポイント

脱毛サロンの衛生管理ってどうなっているのか

脱毛マシンの光は体に害はないのか

脱毛サロンの仕組みを徹底解説。どんな流れ?何をする?

まとめ

優子優子

ジェルは火傷から肌を守るために使用していますが、ジェルを使用しないサロンも増えてきました。
ジェルを使用するか、使用しないかの違いは、脱毛機の性能の違いです。
冷却機能を搭載した脱毛機はジェルを使用しませんが、冷却機能を搭載していない脱毛機はジェルを使用しないと脱毛できません。
脱毛効果に差が出るということはないので、好みの問題になりますね。