優子優子

脱毛エステでは、お手入れできない条件がいくつかあります。
その中に「日焼けをした直後はお手入れできない」という条件があります。
日常生活の中でも日焼けをする可能性は大いにありますが、なぜ日焼けをした直後は脱毛することができないのでしょうか?
今回、なぜ脱毛エステは日焼け直後、脱毛することができないのか紹介します。

なぜ日焼け直後は脱毛できないのか

日に焼けると、「すぐに肌が黒くなる」「肌が赤くなる」「何も変化がない」など肌の変化には人それぞれ違いがあります。
しかしすべてに共通していることは、肌が炎症を起こしているということです。

日焼けをすると軽い火傷状態になり、肌が炎症を起こしています。
炎症した肌に脱毛の光を照射すると、さらに火傷や炎症など肌トラブルを起こす危険があります。
毛穴が炎症を起こすと、赤みや痒みが出たり、色素沈着による黒ずみを起こしたりする可能性があるため、トラブルを避けるために脱毛エステではお手入れできないということになっているのです。

厳しい脱毛エステでは、日焼けの状態によっては脱毛を断られてしまう可能性があるので、脱毛期間中は日焼け対策をしっかりしておきたいですね。

脱毛期間中の日焼け対策とは

海や登山などのレジャーは避ける

レジャー好きの人にとっては、辛い選択になりますが、脱毛期間中は強い日焼けをする可能性のあるレジャーは避けるのが賢明です。
肌が黒く日焼けをしてしまうと、肌トラブルを起こすだけでなく、脱毛効率も悪くなってしまいます。
日焼けをした場合は、肌が白く戻るまで脱毛できない場合もあるので、脱毛期間中のレジャーは注意しましょう。

短時間の外出でも日焼け止めクリームを塗る

散歩や買い物、洗濯物を干すときなど、短時間の外出でも日焼け止めクリームを塗るということが大切です。
短時間の外出なら、SPF25程度で十分。
数値の高い日焼け止めクリームは肌への負担も大きくなるので、短時間の外出なら数値の低い日焼け止めクリームをこまめに塗り直すようにしてくださいね。

UVカットアイテムを活用する

日焼け止めクリームを塗っていても、地面のアスファルトからの反射や紫外線が目に入る事で日焼けをしてしまいます。
それを予防するためには、帽子やサングラス、日傘などUVカットアイテムを活用するのがおすすめです。

【参考】
脱毛マシンの光は体に害はないのか

脱毛エステの光脱毛は、通うのをやめたらどのくらいで元に戻ってしまうのか

脱毛エステは何回通えば効果が出るのか

まとめ

優子優子

脱毛エステでは、肌トラブルを避けるために日焼け直後は脱毛できないことになっています。
日焼けをしないためには、レジャーを避けたり、日焼け止めクリーム、UVカットアイテムの活用がおすすめです。
脱毛効率を上げるためにも、日頃から日焼け対策を行ってくださいね。


ちなみに、当サイトからのお申し込み数No.1サロンは「キレイモ」です。

支払いは、安心の「習い事型」。2ヶ月で全身脱毛1回できるのでスピード脱毛。
痛くない脱毛で有名。

脱毛サロンが気になる方は、少し見てみてください。
キレイモの公式ホームページはこちら