優子優子

脱毛するときに脱毛サロンのフラッシュ脱毛と医療機関の医療脱毛が比較されやすいですよね。
それぞれに効果や料金など違いがたくさんあるので、どちらを選ぼうか悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。
また気になるのが施術時の痛み、ですよね。
フラッシュ脱毛の中でも痛みが強いと言われているIPL脱毛と医療脱毛では、どのくらい痛みが違うのでしょうか?
そこで今回は、IPL脱毛と医療脱毛の痛みの違いについて紹介します。

IPL脱毛の痛みはどれくらい?

IPL脱毛は黒いメラニン色素に反応する光を照射することで、毛のメラニン色素に光を集中させることができます。
光は熱エネルギーへと変換され、毛根にダメージを与えることができるため、一瞬痛みを感じることになります。

IPL脱毛を行った人は、「肌の表面に輪ゴムを弾いたような痛み」と表現する人が多いです。
痛みを感じる範囲は、毛穴ほどの大きさなので、そこまで大きく感じません。
また脱毛サロンで使用されている脱毛機は照射ヘッドが大きいので、照射回数が少なくて済みます。
そのため広い範囲を脱毛する場合も照射回数は少ないため、痛みを感じる回数も少なくなります。

部位別の痛みの程度としては、VIOなどの太い毛が生えていて、色素沈着による黒ずみを起こしている部分が特に痛く感じます。
また乾燥がひどい箇所も痛みを強く感じますが、脱毛サロンでは乾燥がひどい部位は脱毛してくれない可能性があります。

医療脱毛の痛みはどれくらい?

医療脱毛で使用されているレーザー脱毛もIPL脱毛と同じように黒いメラニン色素に反応するレーザーを照射して、毛根にダメージを与えていきます。
医療脱毛はその名の通り、医療機関のみで行われる脱毛方法であり、施術には医師や看護師など医療従事者が関わっているため、肌の状態に合った最大限のレベルで照射していきます。
毎回肌の状態とムダ毛の減りを確認した上で、レベルを設定していきます。

医療脱毛を行った人は、「強く輪ゴムを弾いたような痛み」「ものさしで叩いたような痛み」「細い針をチクッと刺したような痛み」と表現されます。
鼻下など皮膚の薄い部分、VIOのような黒ずみがひどく毛が太い部分は痛みを強く感じます。
また機種によって異なりますが、レーザー脱毛機は照射ヘッドの面積が小さいので、照射回数が多くなり、その分痛みを感じる回数も増えてしまいます。

しかし医療機関では麻酔を使用することができるので、施術時の痛みを軽減することができます。
麻酔クリームや笑気麻酔など医療機関によって異なりますが、我慢できないほどの痛みであれば麻酔を使用して痛みを減らすことが可能です。

IPL脱毛と医療脱毛、どちらが痛い?

IPL脱毛と医療脱毛、痛みが強いのは医療脱毛です。
なぜかというと、脱毛サロンの脱毛機は美容機器メーカーが開発した機器、医療脱毛では厚生労働省が認可したレーザー脱毛機を使用できるからです。

IPL脱毛の脱毛機は医療従事者ではない人も安全に使用できるように出力が低く設定されているため、熱エネルギーが毛根に直接届くほどのパワーがありません。
弱いエネルギーによるダメージをたくさんの回数繰り返すことで発毛能力を弱めていきます。
一方、医療脱毛のレーザー脱毛機は出力が高く設定されているため、毛根に直接熱エネルギーを届けることができます。
そのため少ない回数で脱毛完了でき、その分施術時の痛みも強くなります。

【参考】
脱毛技術が高いエステの見分け方とは

VIO脱毛、ハイジニーナ脱毛にオススメのサロンはここ

脱毛マシンの光は体に害はないのか

脱毛エステとブラジリアンワックスの違いとは

まとめ

優子優子

IPL脱毛と医療脱毛、どちらを利用しようか悩んでいる方は、料金や施術時の痛みを中心に比較して選んでいるのではないでしょうか。
施術時の痛みはIPL脱毛よりも医療脱毛の方が強いですが、その分毛根へのダメージも大きいため、早く脱毛完了できるというメリットがあります。
施術時の痛みがどうしても不安という人は、まず体験脱毛を利用してから決めると安心ですね。


ちなみに、当サイトからのお申し込み数No.1サロンは「キレイモ」です。

支払いは、安心の「習い事型」。2ヶ月で全身脱毛1回できるのでスピード脱毛。
痛くない脱毛で有名。

脱毛サロンが気になる方は、少し見てみてください。
キレイモの公式ホームページはこちら