「脱毛すると毛が濃くなる」、私はこの話を初めて聞いた時はショックで処理方法が迷走しました。

 私は、今でこそ脱毛サロンに通っていますが、当時は自己処理。
 処理回数を減らすため、ここぞ!と思った時だけ毛抜きで一気に処理。
 明日仕事なのに2〜3時間を費やして寝不足になるし、抜くことで増えた埋没毛をピンセットで無理やり引っ張り出し、毛穴が黒ずんだりもしました。

自己処理で毛は濃くならない

 実は、カミソリなどで自己処理する場合は、毛が濃く見えるようになることはありますが、濃くはなりません

 毛が濃くなるのではなく、厳密には毛の断面が大きくなるので濃く見えるようになります
 自然に生えている毛は先端が細く、根元は太いです。

 剃毛すると、根元の太い部分が残り、断面が平らになったまま伸びていくため濃く感じてしまうのです。

 余談ですが、「まつ毛をカットするとフサフサになる」というのも、上記の見え方の影響だと考えられます。私も実際まつげを3回程カットしましたが、濃くなった実感はなかったので、カットした断面が先端になっただけという表現の方がしっくりきます。

 そもそも剃って毛が濃くなるのだったら、毛が薄い人が育毛方法として行っているはずですよね。

毛抜き

 毛を抜くとカミソリに比べると毛根部に刺激がありますが、毛根部への刺激が毛を濃くすることはないので、毛は濃くなりません

 しかし、力加減によって中途半端に毛を引っ張ってしまうので、肌が荒れてしまうことはあるかもしれません。

 毛穴内部に生えている毛を引きちぎるわけですから、毛穴に大きなダメージを与えます。

 その結果、毛穴から血が出たり、傷から細菌が入ったりすれば、毛は濃くならないものの、色素沈着で黒ずんで見えるようになってしまいます。

 また、ダメージを肌が守ろうとして、かさぶたを作り、毛が皮膚の外に伸びるのを防いでしまうのが埋没毛です。
 毛抜きはスッキリする毛抜きですが、一番トラブルが多い方法なのです。

ブラジリアンワックス

 海外ドラマで引き剥がす際の激痛で叫んでいるシーンをよく見ますよね。この方法も毛は濃くなりません
 あんなに痛そうなのに、毛が濃くなってしまったら泣いてしまいますね。

 この処理方法は毛にネバネバ素材を塗り、ガムテープのようなもので毛根から引き抜くものなので、ピンセットで抜く毛抜きとほぼ同じ一時的な脱毛です。

 また、何度も繰り返すことで毛根が破壊状態になり、だんだん毛が細くなっていくようですが、通うのをやめると太さが元に戻ります。

除毛クリーム

 除毛クリームも毛は濃くなりません。しかし、カミソリと同じで濃く見えるようになることがあります。

除毛クリームとカミソリの違いは毛を根元から溶かすか、カットするかなので、根元の太い部分が伸びてくれば濃く見えてしまうのです。

 このように、自己処理では毛が濃くなることはありません。しかし、間違えた自己処理で肌が傷ついてしまうことがあるので、色素沈着や埋没毛に注意が必要です。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックのリスク

 これに対し、脱毛サロンや医療脱毛では、「硬毛化」や「多毛化」という毛が濃くなるリスクがあります

 しかし、そのリスクを考えても、私は自己処理より脱毛サロンの方をおすすめします。

 脱毛サロンは自己処理に比べると、

     

  1. 手の届かない部位がキレイに脱毛できる
  2.  

  3. 回数を重ねるとそもそもムダ毛が生えてこなくなってラク
  4.  

  5. 肌も傷つけないので、見た目がキレイに仕上がる

という良いことがあるからです。

 電車の中で、背中の開いた服の女性を見たりすると、やっぱり脱毛サロンに行った方がいいなと感じます。

 また、自己処理している時より、脱毛サロンに通うようになってからの方が肌が綺麗になったと周りの友人も言っているので、脱毛で肌を傷つけないというのは、大切なのだと思います。

 しかし脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛は、「硬毛化」と「多毛化」というリスクがあります。
 そのリスクについてしっかり理解しないと、怖いですよね。

脱毛サロン・医療脱毛で毛が濃くなる「硬毛化・多毛化」って?

 「えっ?お金をかける脱毛にもそのリスクはあるの…?」と思いますよね。

 ムダ毛のないスベスベな肌に憧れて通っているのに、毛が濃くなるなんて信じがたい話ですが、実際にはあり得る現象なのです。

 これは「硬毛化」「多毛化」と呼ばれています。

 また、出力の高いレーザーを使う医療脱毛の方が、弱い出力で脱毛する脱毛サロンよりリスクが高いと言われています。

 ただ、まず知っていただきたいのは起こる確率は低いということです。

 医療脱毛で使われるアメリカのレーザー脱毛器メーカー、キャンデラ社が実施したアンケートでは全体の7〜8%に硬毛化がみられたという結果です。稀な現象ですが、脱毛を考える上でリスクを理解しておくのは大切です。

硬毛化

 頭髪やワキ毛、デリケートゾーンの毛などの太くてしっかりとした毛のことを硬毛と呼びます。

 逆に背中やうなじなどの産毛を軟毛と呼びます。

 自己処理で肌を傷つけたり、医療用レーザーや光脱毛をすることで脱毛前より毛が太くなったり、長くなることがあります。これが硬毛化です。

 この硬毛化は元から硬毛が生えている部分には発症しません。

 顔、うなじ・背中・二の腕・腕といった軟毛が生えている部分で発症します。そんなところが硬毛化してしまったら、女子としては大問題ですよね…。

多毛化

 照射部分の毛量が脱毛前より増える、または増えたように感じることを多毛化と言います。

 人間の毛穴の数は生後6ヶ月程で決まり、歳や環境で数が増減することはないので、体中の毛がモジャモジャ増えてくるというわけではなく、同じ毛穴から複数の毛が生えてくるといったものです。

 これ自体は硬毛化よりレアなケースで、約0.5%の確率で起こると言われています。
 また産毛が硬毛化して増えたことで、多毛化したと感じる人もいるようです。

硬毛化・多毛化の原因

 実は、まだはっきり分かっていないのです。説の一つとして、熱が毛の細胞を活性化させると言われています。

 レーザーや光脱毛の仕組みは、毛の黒い色(メラニン色素)に反応する特殊な光を照射して熱を発生させ、熱によって毛根部にダメージを与えることで毛の再生を阻止します。

 毛が濃ければ濃いほど、光が集まり効果が出やすい反面、産毛などの薄い色の毛は脱毛を完璧にする程の黒い色素がないため、中途半端な熱しか作られず、肝心な毛の細胞は処理できないのに熱エネルギーが刺激になり、活性化してしまいます。

 実際に脱毛サロンに通うと、この黒い色への反応を実感します。ワキなど毛の濃い部位に光をあてられると、少し熱くチクッとすることがありますが、顔や背中で刺激を感じたことはありません。

硬毛化・多毛化が起こりやすい人

 硬毛化・多毛化が起こりやすい人は、

  • 毛の密度の高い、濃い方
  • ニキビ肌
  • ピルを内服している
  • 婦人科的にホルモンバランンスの乱れている
  • 肌の色が濃い
  • 男性(男性ホルモンが多い)

などと言われています。
 科学的に証明されていないので一概には言えませんが、発生した事例から以上のような方が多く発症したという報告があるようです。

硬毛化・多毛化が起こってしまったら

 残念なことに明確な対処法も見つかっていませんが、硬毛化・多毛化した毛も他の毛とは変わりはありませんので、脱毛を続けることで対処できます。

具体的には…

  • 熱量を調整する
  • 機械を変える(波長を変える)
  • 脱毛をお休みする
  • 電気ニードルを使う

 人によって硬毛化しやすいで熱量や波長が存在するようです。

 なので、熱量や波長を変えることで良い結果が生まれるケースがあります。また、毛が未熟なほど熱が吸収しにくくなるので、脱毛をお休みして毛を伸ばしてから、照射をすると効果がみられることもあるようです。

 「早く確実に毛をなくしたい!」という方には電気(ニードル)脱毛をいう方法があります。硬毛化・多毛化するリスクは限りなく低いですが、痛みを伴いますので、覚悟がある方だけにオススメです。

硬毛化・多毛化を必要以上に怯えることはない

 「じゃあそんなリスクがあるなら脱毛はやめようかな…」と思ったあなた!上記でも記した通り、この現象が起こることは稀です。

 ここでムダ毛から解放されるフリーな生活を諦めてしまったらもったいない。

 実は、私は硬毛化・多毛化を知らずに脱毛サロンを契約し、この現象も起こっていないので、そんなこともあるんだ〜と個人的には思っています。

 とは言っても博打的に脱毛を始めることはできないですよね。なので、低リスクであっても事前に予防策を立て、賢く脱毛のお店を選べば、必要以上に怯えることはありません。
きれいに脱毛したいのであれば、脱毛サロンや医療脱毛に行くしかないかなと思っています。

予防策

 硬毛化、多毛化のリスクを抑えつつ脱毛サロン、医療脱毛に通う方法があったらいいですよね。

 その方法をいくつかご紹介します。

硬毛化・多毛化に対応する保証がついているお店を選ぶ

 医療脱毛クリニックには、無料保証が付いているお店もあります。(クレアクリニックドクター松井クリニックアリシアクリニックなど)

 例えばアリシアクリニックでは、硬毛化してしまったら1年間無料で硬毛化の部位を照射することができます。

 硬毛化してしまったとしても、基本的にはその毛も脱毛してしまえばいいので、上記の硬毛化・多毛化になりやすい人に当てはまってしまったら、保証付きのお店を選ぶのも手でしょう。

月額制のお店を選び、お試し脱毛をする

 脱毛の器械の波長と体質には、相性があります。合わなかったらすぐにやめられる月額制のお店を選び、体の反応をみてから通院を決めることもオススメです。

(キレイモ脱毛ラボなど。未成年の場合だけ銀座カラーも都度払い制あり)

 脱毛ラボの月額制は、月々1,990円とすごく安いのですが、これにはカラクリがあって、全身48箇所を毎月3箇所ずつ脱毛していくというシステムになっています。

 したがって、全身48箇所の脱毛を終えるには、16ヶ月(1年と3ヶ月)かかることになります。
 6回以上受けないと中々効果が感じられない全身脱毛を、たった1回受けるのに1年以上かかってしまうので、あまりオススメではありません。

 それに対しキレイモは、1ヶ月で全身の半分、毎月通うことができるので、2ヶ月で1回全身脱毛が完了するので、こちらの方がいいですよね。
キレイモは最低契約が2ヶ月なので、お試しには最適です。


 また、この他のサロンで注意が必要なのは、月額という名の分割払い店です。

 脱毛回数を設定し、その全額費用を月額で割っている料金システムなので、途中解約すると手数料がかかる場合や未消化分は返金されない場合があります。
 (大手では、キレイモ、脱毛ラボ以外の脱毛サロン・医療脱毛)

契約前に硬毛化・多毛化が起こった時の対応について聞いてみる

 お店の人に納得がいくまで聞いてみましょう。デメリット・リスクへの対応策についてしっかり話してくれるお店は信用できます。逆に根拠のない「絶対、大丈夫です!」というのは怪しいですね。

 また、「硬毛化・多毛化ってなんですか…?」というお店は論外なので、しっかりとした知識を持つスタッフがいるお店を選んでください。また、自分の体の特徴を話し、なりやすいかどうか聞いてみるのもアリですね。

硬毛化・多毛化になりやすい部位を避けて脱毛する

 ムダ毛が一番気になるワキ、肘下、すね等の毛が濃い部分は、硬毛化になりません。「とにかく全身、一本も毛がない状態にしたい!」というストイックな方以外は、気になる部位 (毛が濃いところ)だけを脱毛するだけでも、毛の処理に悩む生活から解放されるのではなでしょうか。

やっぱりエステの光脱毛がおすすめ

 硬毛化・多毛化のはっきりとした要因が解明されていないので断言できませんが、医療用レーザーの方が硬毛化になることが多いようです。それに比べて光脱毛はほとんど発症しないそう。恐らく、レーザー脱毛の方が強力なエネルギーなので、より刺激になり毛の活性化に繋がっているのかもしれません。

私の経験ですが、通っている脱毛サロン「キレイモ」は全く問題ありません。

キレイモがいいところは、
・月額制
・全身脱毛が2ヶ月に1回完了するので早い
・痛くない
・家の近くにお店がある

です。

一度、キレイモの無料カウンセリングに行ってみたら、雰囲気もわかると思いますよ。

キレイモの公式ホームページはこちら




 硬毛化、多毛化のリスクはありますが、起きる確率は低いですし、わたしや周りの友達にも起きていません。脱毛サロンで脱毛すると本当にスベスベになり自信が持てます。

 わたしは硬毛化、多毛化のリスクは、交通事故のようなものかなと思います。交通事故を気にしていたら外を歩けないですよね。
 勇気を出して脱毛サロンに通うと、得られることの方が多い気がしています。



【参考】
いろいろなサロンについて調べたい場合は
【決定版】脱毛サロン選び方、各サロン徹底比較。元サロンスタッフが全身、VIO、顔などの部位ごとに比較とおすすめ。


ちなみに、当サイトからのお申し込み数No.1サロンは「キレイモ」です。

支払いは、安心の「習い事型」。2ヶ月で全身脱毛1回できるのでスピード脱毛。
痛くない脱毛で有名。

脱毛サロンが気になる方は、少し見てみてください。
キレイモの公式ホームページはこちら