優子優子

無駄毛の悩みを抱えている人は、日々の食生活から無駄毛の悩みを解消できると嬉しいですよね。
食事をするということは、毎日の繰り返しです。
その毎日の食事の中で取り入れることができる、無駄毛を薄くする食べ物について紹介していきます。

大豆製品

体毛の濃さは、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスに大きく影響を受けています。
男性ホルモンは体毛、女性ホルモンは頭髪に作用しています。
そのため一般的に男性ホルモンが優位に立っている男性は体毛が濃く、女性ホルモンが優位に立っている女性は年を取っても髪の毛がしっかり生えているのです。
つまり男性ホルモンが優位に立つと体毛が濃く、女性ホルモンが優位に立つと体毛が薄くなるということになります。

大豆製品は、女性ホルモンと似た働きをするため、体毛を薄くするのに有効という訳です。
豆腐や味噌、納豆、豆乳、きなこなど、毎日の食生活に大豆製品を積極的に取り入れるがおすすめです。

低GI値食品

GI値の高い食べ物を摂取すると、急激に血糖値が上がり、インスリンが大量に出ます。
その時インスリンと一緒に男性ホルモンが多く分泌されてしまうのです。
つまりGI値の高い食べ物をたくさん食べていると、体毛が濃くなる可能性があると言えます。

低GI値の食品を食べれば「体毛が濃くなる可能性」を減らすことができます。
例えば、のりやわかめなどの海藻類、イワシやサバなどの青魚、鶏肉、玄米、そばなどが低GI値食品です。
血糖値の上昇も緩やかにしてくれるので、健康の面でもおすすめの食材と言えますね。

また食事をする順番も影響しています。
血糖値を急激に上げないために、「白米や玄米ではなく、まず野菜から食べる」ということも無駄毛を濃くしないために気をつけたいですね。

【参考】
脱毛エステとブラジリアンワックスの違いとは

ムダ毛処理をすると、色素沈着するって本当?

脱毛すると、毛が濃くなるって本当?

まとめ

優子優子

無駄毛を薄くする食べ物は、女性ホルモンを優位に立たせる大豆製品と低GI値食品です。
食事だけで無駄毛をなくすことはできませんが、少しでも薄くなれば嬉しいですよね。
バランスの良い食事の中に、うまく大豆製品と低GI値食品を取り入れてみてくださいね。


ちなみに、当サイトからのお申し込み数No.1サロンは「キレイモ」です。

支払いは、安心の「習い事型」。2ヶ月で全身脱毛1回できるのでスピード脱毛。
痛くない脱毛で有名。

脱毛サロンが気になる方は、少し見てみてください。
キレイモの公式ホームページはこちら