大学生に合った脱毛ってどんな方法?

ズバリ、脱毛サロンです
脱毛方法としては大きく分けて自己処理と脱毛サロン(医療脱毛)の二通りがあります。両者を比較してみると断然、脱毛サロンがオススメ。私は「大学生の時に脱毛サロンに通っておけばよかった…」と社会人になってから激しく後悔しました。時間を戻すことができるのなら、飲み会に費やしたお金を脱毛サロンに充てたい…

私の脱毛3大後悔
学割でお得!
ほとんどのサロンでは学割プランが充実しています。中には最大で67,900円の割引(キレイモ)があったり(会社の月給20万だとしたら、約1/3のお金を節約できた…)、入学金祝いがあったり(銀座カラー)(社会人になったことも祝ってほしい…)と、社会人にとっては砂を噛むようなサービスが溢れていたのです。「脱毛?そんなセレブなこと大人になったら考えればいいや〜」と思っていましたが、今や意識の高いセレブが行っていることではなく、社会人になるまでに済ませている一般女子が実はかなり多いです。「実は大学生の時に通ってたの〜⭐︎」と社会人になってから発覚した友達が何人いたことか…。最近の脱毛サロンはコスパが良いので、高い買い物ではありません。

社会人はとにかく時間がない
多くの脱毛サロンの営業時間は10時〜20時です。(22時まで営業している良心的なお店もあります)また、脱毛プランにもよりますが、全身脱毛の施術時間は1時間半〜2時間半なので、最終受付は19時というお店が多いようです。とすると、会社を絶対に6ピタで終わらせて猛ダッシュ!!のギリギリスケジュール。最悪、お店によっては10分の遅刻で予約の取り消しとなり、当日キャンセルでキャンセル料が発生なんてことも。かといって、土日は混むのでなかなか予約が取れない。こんなことなら授業の空き時間にのんびり処理すればよかったです。

年齢を考えたベストタイミング
一番ムダ毛が気になるのは露出が多い時期です。海、プール、海外旅行、お祭り、合宿etc….。こういう機会が多いのって学生の時ですよね。もちろん社会人になってからも機会がないわけではありませんが、頻度はやはり少なくなります。それにツルツルになるまでの完璧な脱毛は1〜2年を要するので、脱毛をするのだったら早めに行い、人生の中で気にしない時間をより長くした方が充実するのではないでしょうか。私は合宿前夜に血眼で毛抜きをし、翌日クマができた顔で登場、合宿生活の後半は毛が気になりソワソワ。なんてことをしていたのだったら、早くストレスフリーの脱毛を選べばよかったと思います。

自己処理と脱毛サロンを比べてみました
とは言っても、大学生にとっては脱毛サロンに通うって大きな出費ですよね。安易に選択して後悔をしてもらいたくはないので、自己処理と脱毛サロンのメリット・デメリットをしっかり理解した上で、あなたにとっての最適な選択をしてください。

自己処理のメリット・デメリット
どうしても自己処理というのは肌に負担を与えてしまうもの。一度、黒ずんだり傷付けたりしてしまうと元どおりにするのはなかなか難しいです。正しい自己処理方法を身に付け、できるだけダメージを抑えてください。

大きく分けて「剃る」「抜く」「溶かす」「色を薄くする」
|剃る|抜く|溶かす|脱色
方法|表皮から伸びている部分を断ち切る|毛母細胞(成長の元の毛母頭は残る)から引き抜く|表皮から上の毛を科学薬品によって分解|表皮から上の毛を薄くして目立たなくする
持続効果|1〜2日|1〜2週間|2〜5日|1〜2ヶ月
値段|カミソリがあれば|ピンセットがあれば|600〜3000円|500〜1000円
メリット|手軽にできる。費用がやすい|長持ち。チクチクしない。費用がかからない。どこでもできる。|手軽で簡単。カミソリより深く処理できる。
毛先が丸く、チクチクしない。|痛みがない。ほとんどの部位に使用できる。
デメリット|剃毛後はチクチクする。肌や毛穴が汚くなる。持続効果がない。|見えない場所はやりにくい。 毛穴に大きなダメージ。痛い。処理時間がかかる。見えない場所はやりにくい。|肌のダメージがかなり大きい。肌表面も一緒に溶かしてしまう。毛がすぐに生えてくる。繰り返し行うため継続して購入すると費用が高い。顔やデリケートゾーンなどの敏感な部位は使えない。ホルモンの分泌サイクルに影響を与え、月経が乱れることがある。|肌の弱い人は不向き。角度によって金髪のようにキラキラ光る。ワキ等の剛毛部分には不向き。伸びてくると不自然。かぶれに注意。繰り返し行うため継続して購入すると費用が高い。
トラブル|色素沈着、埋没毛、肌荒れ、黒いポツポツ|埋没毛、毛嚢炎、色素沈着、黒いポツポツ、血が出る 色素沈着、肌荒れ、黒いポツポツ|肌荒れ、色素沈着
正しい処理方法とアフターケア|傷付けた肌は紫外線や摩擦でさらにダメージを受けてしまうので朝は行わない。古いカミソリを使用しない。毛の流れに沿って行う。空剃りしない。シェービングクリーム・ワセリンを使う。傷つけた肌からさらに皮脂を奪うためボディーソープでの代用NG。保湿をする。剃毛後は細菌だらけの湯船に入らない。|肌を清潔にしてから行う。毛の流れに沿って抜く。開いた毛穴うぃ引き締めるため、清潔な冷たい手折りで冷やす。抜いた後は清潔に保つ。湯船に入らない。|必ずパッチテストを行う。処理後は肌を冷やし、刺激が少ない弱酸性化粧水で保湿する。入浴剤や擦り洗いはしない。|必ずパッチテストを行う。処理後は冷たいタオルで冷やす。保湿ケアをしっかりする。

脱毛サロンのメリット・デメリット
メリット
自己処理から解放される
自己処理をしない分、乾燥を防げる
肌の状況が改善する
・ 医療レーザーと比べて安価で痛みがほとんどない

デメリット
人気店は予約が取りにくい
自己処理がいらなくなるまで時間がかかる(1〜2年)
脱毛中は日焼けNG(日焼けすると効果が半減してしまう)
脱毛前に塗られるジェルがかなり冷たい(冷たくないジェルを使用しているお店も出てきました)(キレイモ)

自己処理いらずの楽な生活を想像してみて
私は自己処理にかける手間暇がバカらしくなって、社会人になってから脱毛サロンに通い始めました。個人差はあると思いますが私の場合、3〜4回でかなり自己処理がかなり楽になりました。けれど、時すでに遅し。長年の自己処理が悪かったのか、黒ずんでしまった箇所が残っています。脱毛サロンについて早く知っていればなと思いました。もちろん、自己処理でもいいと思いますが、長い目で見てみると一生のうちの大事な時期をムダ毛の悩みに費やしてしまったらもったいないです。ツルツルになった肌でストレスのない生活を早く手に入れる方が女子として賢いのではないかと思うんです。だからこそ時間がある学生最後の大学生活のうちに考えてみてください。

【参考】
大学生が通うならどの脱毛サロンがオススメか

大学生でも脱毛エステに通ってもいいですか?


ちなみに、当サイトからのお申し込み数No.1サロンは「キレイモ」です。

支払いは、安心の「習い事型」。2ヶ月で全身脱毛1回できるのでスピード脱毛。
痛くない脱毛で有名。

脱毛サロンが気になる方は、少し見てみてください。
キレイモの公式ホームページはこちら