優子優子

アトピー性皮膚炎を患っている人は、普通肌の人に比べて肌のバリア機能が低下しているため、刺激に弱いです。
アトピー体質の人は、脱毛したくても症状が悪化するかもしれないという恐怖や、脱毛自体断られてしまうのではないかといった不安を抱えているのではないでしょうか。
そこで今回、アトピーの人でもできる脱毛の方法について紹介します。

アトピーの人でも脱毛できる方法

アトピーだからといって、必ず脱毛を断られるわけではありません。
肌の状態が安定していれば、IPL脱毛でもS.S.C.脱毛でも利用することができます。
見た目にも分からないくらい肌の状態が安定していて、病院から処方されている薬も使用していない人は問題なく脱毛サロンを利用することができます。

しかし薬を使用している、状態が安定していないという人は、かかりつけ医の許可が必要になります。
特に脱毛サロンは薬を使用していると脱毛できないという決まりがあり、カウンセリングで薬を使用しているかどうかの確認もあります。
脱毛サロンの中には医師の許可が出るまで契約できない、という厳しいところもあるので、もしアトピーの薬を使用しているのであれば、カウンセリングを受ける前に医師の許可をもらっておくといいでしょう。

アトピー肌におすすめの脱毛方法

アトピー肌ですぐに悪化する、という人は「ハイパースキン脱毛」がおすすめ。
ハイパースキン脱毛はIPL脱毛やS.S.C.脱毛と違い、脱毛に高熱を使用しません。
発毛因子に作用する特殊な光を照射して、毛を細くしていくので、肌に負担がかからないのです。
ハイパースキン脱毛は3歳から脱毛可能という点からも、肌に優しい脱毛方法ということが伺えますよね。

ハイパースキン脱毛を導入している「ディオーネ」という脱毛サロンは敏感肌専門のサロンとして人気を集めていますし、ハイパースキン脱毛機の直営エステサロン「カレン」という脱毛サロンも人気です。

【参考】
脱毛マシンの光は体に害はないのか

脱毛サロンの仕組みを徹底解説。どんな流れ?何をする?

まとめ

優子優子

アトピーでも状態が安定していて薬を使用していないという人は、IPL脱毛でも、S.S.C.脱毛でも問題なく利用することができます。
しかし症状の悪化が心配な方やアトピーの症状で肌が敏感な人は、敏感肌専門サロンのディオーネカレンのハイパースキン脱毛がおすすめです。


ちなみに、当サイトからのお申し込み数No.1サロンは「キレイモ」です。

支払いは、安心の「習い事型」。2ヶ月で全身脱毛1回できるのでスピード脱毛。
痛くない脱毛で有名。

脱毛サロンが気になる方は、少し見てみてください。
キレイモの公式ホームページはこちら